鹿男あをによし

私は今でも時々、レンタルショップで借りてくるドラマがある。
それは2008年1月17日~3月20日までフジテレビ系で毎週木曜22:00に放送されていた、鹿男あをによし。
あを
出演は、玉木宏、綾瀬はるか、多部未華子、佐々木蔵之介、柴本幸、児玉清など個性派メンバーが集結。

卑弥呼に仕えていたという奈良の鹿、京都の狐、大阪の鼠は卑弥呼の死後、1800年に渡って「目」の力を使い、大鯰が暴れることを封印していた。彼らは60年に一度、神無月になると、「運び番役」と「使い番役」の人間を介して、「目」を神の目が届かない場所に遷し、また自らも「目」の力を手に入れて鯰の動きを鎮めていた。

チンプンカンプン…(笑)
原作者は、チンプンカンプンなストーリーの天才・万城目学。
鴨川ホルモーでは、京都を舞台に「オニ」や式神を使って争う謎の競技「ホルモー」の戦いを描き、プリンセス・トヨトミでは大阪国が存在し、かのこちゃんとマドレーヌ夫人では猫が日本語を話している。
他にも、ホルモー六景・偉大なる、しゅららぼん・とっぴんぱらりの風太郎・悟浄出立と名作揃いで、私の中では「絶対にハズレのない、いつでもお買い得な小説家」だ。あのファンタジーを1000円ちょっとで読めるって贅沢!!

その万城目学の2作目「鹿男あをによし」がドラマ化されるとあって、始まる前から、それはそれは楽しみにしていた。
あの難解なストーリーを、どうやって映像にするのか、本当に興味があった。
好きな小説が映像化される度に、ガッカリすることも多いが、ドラマは映画とは違い10時間もあるため、丁寧に描かれることが多い。逆に映画は2時間ちょっとにまとめられてしまうので、なかなか伝わりにくいこともある。原作を読んでいたから理解できるけれど、読んでいない人には薄っぺらい話に思えたのではないだろうか…。そう思うことが多々ある。

「鹿男あをによし」はドラマで良かった。ドラマだからこそ良かった。
奈良の鹿、京都の狐、大阪の鼠に、「運び番役」と「使い番役」の人間がいるだけで頭が混乱しそうなのに、ゆっくりとストーリーを進めながら登場人物を丁寧に描いたことで、分かりやすくて良かった。
視聴率こそ、あまり良くなかったが、ほのぼのとしたシーンが多く、私は今でもこれ以上のドラマを知らない。
(特に鹿を乗りこなす多部未華子がカッコイイ!)

エンディングテーマも秀逸な、このドラマ。
残念ながら、今クールのドラマでも私の中で、これを超えたと思えるものは出ていない。
4月からのドラマに期待!

是非、一度お近くのレンタルショップでチェックを~。

救命救急とドクターブルーの比較

過去ドラマのおさらいをしようと思います。
最近の救命シリーズと言えば救命救急24時とコードブルーじゃないでしょうか?
救命救急24時はパート4まで放送された人気ドラマ。
コードブルーもパート2まで放送されました。

こういう救命ものってけっこうハズれがないんですけど、私としては歴史の浅い?コードブルーに軍配を上げてしまいます。
何故って?
うーん・・・。
救命救急は江口さんが出ていたころのほうが圧倒的に面白くて、松島奈々子も悪くはなかったんですが、
やっぱりドラマの運命か、どうしても始めの頃のほうが面白くなるんですよね。

コードブルーはその点2までしかやっていませんから、マンネリがなくて面白かったです。
山Pも出てるしvv
ヒロインも2人も出てきますし、見ごたえありましたよね。
私はコードブルーはもう放送しなくてもいいと思います。新しいものはやっぱりマンネリしてしまいます。

ただ、救命救急24時のほうがスピード感はあったような気がします。
ホントに救急って感じで、ドラマとしてはどっちが上というよりは、リアル感はありましたね。
ドラマとして面白いのはコードブルーだけど、本質を描いているのは恐らく救命救急だったような気がします。

こういった医療ものはハズレがないのでいつも必ず観ています。
それで比較しますが、この2つ以上のものはまだ見つかっていません。

あ、大昔の織田裕二が主演だった
ヤーヤーヤー
が主題歌のあのドラマ(名前忘れた・・・)
は名作だと思います。

怖いドラマ

サキというドラマで同じ役名のサキを演じた仲間ゆきえさんの主演ドラマ。
美しい隣人。
覚えていますか?

過去ドラマでもう数年経っているので覚えていない人もうろおぼえの人も多いと思いますが、このドラマ、奥が深くて怖かったですよね~~~~。
と言っても知らない人は知らないですよね。
51FXdiH-3lL._SL500_AA300_

実は隣人になった若い夫婦の仲を裂くという話なんですが、原因は結局最後の最後まで明かされませんでしたが、自分の子供が行方不明になった日に同時に偶然隣人の子供も行方不明になって、めっちゃ探して、最後は保護されるんですが、その時、ママが放った一言、
「よかった」
って言葉に過激に反応したのが仲間ゆきえさん。
自分の子供は池に落ちて命を落としたのにこの夫婦の子供は帰ってきて「よかった」!?
なんて何事!
って感じだったらしいです。(仲間さんに聞いたわけじゃないけど:笑)

そこで、それから計画を立てて隣人になった(偶然とは呼べない)そのママに嫌がらせを始めるんですよね。
最初は凄く好感色を際立たせて、夫婦仲がいいんですね~って、隣通し家を行ったりきたりする仲良しになるんですが、途中から段々闇に落ちていくって感じです。
ダンナを不倫に誘ったり、嫌がらせをしてみたり・・・確証はないのでサキさんがやったってわからず。
サキさんは子供にも取り入って、いいおばさんを演じていますし、何か妙だと感じるのはママさんだけなんですよね。

最後にはそのお隣ママさんとサキさんの直接対決になるわけですが、なんかもう怖いの一言です。
サキは自分から窓から転落するのでそこでドラマもおしまいになっていますが・・・。
サキは単純に子供の供養がしたかっただけなのかもしれませんね・・・。

それにしても怖いドラマでした。
ホラーじゃないんだけど、ミステリーでもないんですけど、ママになったからこそ分かる恐怖ってありますよね。
そんな感じでしょうか。

さてはて怖いドラマ、あれから何年かして「サキ」が出来ましたが、それ以来見ないですね。
怖いドラマもってこーい!
って感じです(笑)。

失恋ショコラティエの松潤が!

これを書いている最中はまだ今クールのドラマになっている失恋ショコラティエ。
一体どんなラストになるのかドキドキしつつ待っています。

10話ではついにサエコと結ばれましたね~
サエコは計算高い女なのか、ただの天然なのか見極めが難しいです
石原サトミもホント、ぶりっ子演技が上手だなーと思います。

J(あえて呼ぼう、松潤をJと。)はバレンタインの時に本命チョコをサエコさんヴァージョンで作って、サエコはなんかそれにほわわ~んとなって、キスまでこぎつけたっていうからもうなんとも!
KIMG0451

今の回ではサエコがショコラヴィを出て行くことを告げるシーンで終わりましたが・・・続きが楽しみです。
サエコのような女性がもし働くとしたら看護師転職サイトのランキングなんかで看護師をやっても面白いと思いますね。
天然でセクシーって・・・。看護師にぴったり(笑)。
というか、ブログが最新に間に合っていないぞ!
ということは置いといて・・・。
過去ドラマのふり返りということにしておきましょう。

このドラマの見所と言えば、Jの妄想シーンですね。
何故かホストに扮するJも決まっています!
KIMG0488

あーこんなホストなら騙されてもいいわ~。

ここでカミングアウトですが、私は大大大アラシックです(笑)。
ニノ担なんですけどね、末ズも好きです。

もうかれこれ10年はファンを続けていますなあ・・・。長い。
だからか、ドラマで嵐が出ていればかならずチェックして観ます。
あ、でもファンクラブに入るとかまでしてないです。

話が横にそれましたが・・・。
このドラマを見ると、無性にチョコが食べたくなってくるのは何故?
カリってシーンがドアップすぎて、さらにエロティックでいいんですよね。
ああいうチョコを取り扱っている店があったら私も通うのに・・と思ってしまうほど美味しそうなチョコばかりです。

ちなみにりくどーさんのチョコも美味しそうです。
ショコラ専門店なんて、東京の繁華街くらいにしかなさそうですが・・・。
わが町大阪にはそんなシャレた店はないよ・・・。

ラストがどうなるのか気になる失恋ショコラティエ
、本当に楽しみなドラマです。

もう大和田さんがおもしろくてたまらない

半沢直樹、すごい反響でしたよね。
過去ドラマとは言え、ここまで引っ張ってこれるのがすごいです。

なんといっても見所はここ!

もう、なんで土下座1つにそんなに

ぐあああ~~~~
ぬああああ~~~~~
くうううう~~~~

ってなるの?(笑)
みたいな。

でも土下座するって、大和田常務にとって半沢に対してだけは出来なかったんだろうなぁ・・・と思ったり。
半沢直樹というドラマについては色々語りたいことがありますが・・・。
まずはこれでしょう。

大和田常務の激演出にも驚いたけど、

やれー大和田~~~~~!!!!
と涙ながらに叫んだ半沢くんも素敵です。
ていうか、半沢くんが偉く土下座にこだわっていますよね。
幼少期の父親や母親の姿を眼にしていたからでしょう。

それにしても大和田さん、土下座するのに時間かかりすぎvv

もう、このシーンだけでご飯3杯は食べられちゃうほどスキです。
ビデオから消してません~。
だって面白すぎるんですもの。
結局ここなんだよね、半沢直樹の強さって。

でも実際にこんな部下を持ってる上司がいたら大変だろうな、とも思います。
だって勝手に色々やられて、正義をふりかざして(当たり前だけど)不祥事もみ消し事件を公にしたり・・・。
ふつーはあんまりしませんよね。

半沢直樹、実は見始めるまで私は時間がかかりました。
なんとなくお堅いイメージがあったので、後回しにしていたんですよね。
でも初めから見とけば良かったよ!ってくらい面白いドラマでしたね。

私の半沢ほっこりシーンは、いつも疲労困憊で力尽きて帰宅する半沢さんをおでむかえするはなちゃん。
手料理が上手なんですよね~。
食卓には色鮮やかな食事が並んでいます。いつ観ても美味しそう・・・そして毎回食事がかぶらないのも素敵!

いい奥さんしてるなーと思います。度胸もあるしね。
これ、ドラマを観てから小説も読みたいな、と思った作品でした。
とにかく大和田さんの土下座シーンがどんな風にかかれているかが知りたい(笑)。
続編も決まったことだし、秋の楽しみが増えましたね。

今も昔も時代劇はやっぱりコレ!

必殺仕事人!

チャララ~という音楽でお馴染み(?)の必殺仕事人シリーズ。
これは本当にいつ観ても面白いドラマです!

5年くらい前に新しいキャストで始まって、1クールで終わるはずが人気がありすぎて2まで出来てしまったという作品。
またその後もスペシャルドラマなどで蘇っています。

12581441

私がここで書きたいのは、TOKIOの松岡くんが演じる役の必殺技です。
何あれ(笑)?
私が子供の頃観てた必殺仕事人にあった・・・っけ?あったけど昔はそんなに意識してなかったような・・・?的な?

その必殺技とは長いハリのようなものをぶすっと刺して、徐々に心臓に近づけていって・・・・、そしてぶす!って心臓を一刺し。

あとはするりとハリを抜いて、その場を立ち去るっていう手法です。
でもこれって・・・人体医学をしっかり学んでない人には出来そうにもありませんよね。
だってどこに骨があって、内蔵があって・・・って外から判断しないといけないんですから。

何故松岡くんは骨につっかからず心臓までハリを到達させることが出来るのか?
永遠の疑問です。

でも制裁を受けていった人々はけっこう案外?東山さんに切られるよりも安楽死じゃないのかなーと思ったりしています。私は。
だって心臓ひとつきだから、あんまり・・・ねぇ、苦しんでるように見えない。

どうせだったら悪人なんだから苦しめてやれ~とか思うんですけど、そういうところは慈悲深い仕事人なんですね。
また仕事人のテーマ、ちゃらら~らららららら~って(どんなだ)メロディは姉の携帯の着メロになっています。
何故・・・。

あれ、電車内で鳴ったらかなり恥ずかしいと思う。
でも私も一時期それやっていました。

時代劇、最近はドラマで見ることも少なく、NHKくらいが1年かけてドラマを展開していますよね。
時代劇ももっとゴールデンタイムに出てきて欲しい!
暴れん坊将軍が大好きだった小学生の頃。あの頃はたくさん時代劇がありました。

時代劇には時代劇なりの味わいがあって素敵です。
とにかく松岡くんの必殺技を詳しく知りたい。

医療モノの火付け役?コードブルー

皆さん今まで観たドラマで心に残っている面白い!
と思えるドラマ、いったいいくらあるでしょう。

今回ご紹介するコードブルーは、まさにその代表格の1つです。
(私にとっては・・・)

主演が山Pということもあり、またヒロインが稲垣ゆいちゃん、戸田えりかちゃんなど、豪華なメンバーということもあって注目されていましたよね。

コードブルーはドクターヘリで出動するという緊急時の時の話が主体となっています。
これは、今クールのドラマDMATにも共通しているところですね。

ドクターヘリのキャリアをつむためにベテラン看護師比嘉愛美さんが冷静かつめっちゃ怖く突っ込みを入れているところも面白ツボな部分です。

このドラマで比嘉さんも知名度が抜群になりましたよね。その後色々なドラマやメディアに出演されています。

31506794

コードブルーは今まで医療現場のみのドクターたちの活躍を注目していた医療ドラマから、人間関係が深いつながりのある「現場」のドラマをしっかりやっているのでまた共感出来ます。

未熟なばかりに助けられなかったり、自分の代わりに怪我をしたり・・・そんな苦境を乗り越えて成長するドクターの卵たちにはなんとも感激してしまいますね。

必要以上に魂投入しちゃったりして(笑)。

大半が山P目当てであったとしても、このドラマはイイ!と思いました。
まぁービジュアルが良かったので、コント的な部分もおいしいなぁ・・・と思ったりはしていましたが。。。

医療ドラマと言えば他にも救命病棟24時とか色々ありますよね。
大昔に遡れば
振り返ればヤツがいる
ってなものも出てきます。

それほどドラマイコール医療モノって認識されているようです。
医療モノも刑事モノと同じくあまりハズれがないのが特徴だと思います。

コードブルーはまさに医療モノの火付け役とも言える作品ですね。
現場を飛び出し現場に直行。
みたいな。

今までそんなドラマなかったよ!って新しい風を吹き込んでくれた名作です。
見所は毎回緊急で呼び出されてドクターヘリが到着した後のスピーディな応急処置。
これを1つ間違うと命を失うっていう緊張感のもと俊敏な判断が任される仕事です。これがまたドキドキしちゃってねー。いいんですよ。
DVDも発売されていることですし、このドラマ観て損はありません!

過去にあった怖いドラマ

ドラマ好きの皆さんこんにちは!
私もドラマは大好きで、毎朝1話は必ず観ている1人です。

最新ドラマも見所が多いのですが、今回は過去に放送されたドラマのこわ~~~いシーンをお伝えします。
今でも印象に残っているのが・・・。

仲間さん主演のサキ!

怖かったですよね~自分で手を下すわけではないんですけど、自殺においやっていく心理戦が怖かったですね~。
でも大変面白いドラマでしたよね!
視聴率もかなり良かったみたいですし。
何より仲間さんがワインを飲んだり、食べたりするシーンが多くありましたが、本当に怖かった!

このサキというドラマ、別に食べ物を中心にしているドラマではないんですが、ワインを飲む、食べ物を食べるシーンがたくさんあったんですよね。

サキさんは普段は優しい小児科の看護師さんをしています。
お給料がいくらか分からないし、普段どんなモノを食べているか分からないのですが、
食べ物のシーンになるとカニ丸1匹をボイルして、ハサミでちょっきんちょっきんして食べたり、
生牡蠣をじゅるっじゅるっと食べたり、いやはや贅沢な食生活をしているんですよ!
その際にワインをたしなむ姿もサマになっております。

image1

何より怖かったのが、食べる唇のアップのシーンです。
おくちもぐもぐというよりなんていうか・・・舌がぺろりと出てソースをなめたり、なんだかとってもなまめかしい!そして怖い!んです。

こんな風に食べ物のシーンを表現するのも難しいなーと思いつつも、彼女の喉がごっくんするたびになんだか・・・宿敵をごっくんしているようなイメージにかられます。

実際、ターゲットを自殺においやった日のディナーはステーキですしね。
それもなんて美味しそうに食べるんでしょう。
このドラマを観ている最中、どうしても生牡蠣が食べたくなって買ってきたわ!!

それほどまでに印象深いシーンでした。
ゾクゾクってするドラマはそれほどないと思いますが、サキはオススメです。
まだ観ていない方は是非レンタルでどうぞ!