太陽を抱く月

太陽抱く

最高!!
こんなにハマったのは、「星から来たあなた」以来!!
って、「星から来たあなた」を観たのも、つい1ヶ月前(笑)
韓国ドラマなんて…と言いつつも、年に2~3本程度を観ていましたが、ここのところはハイペース。
キム・スギョンのドラマにハズレなし!と言われる所以が分かる気がします。圧倒的なオーラと演技力!!王様の悲哀を目だけで、いや少し動かす頬だけで表現できていると思います。

この1ヶ月は、「星から来たあなた」に始まり「ドリームハイ」「太陽を抱く月」「製パン王キムタック」と、立て続けに4本の韓国ドラマを観ましたが、「太陽を抱く月」があまりに良すぎて、「製パン王キムタック」になかなかハマれずに苦労しました…。
まずね、キムタックの子役も悪くはないけれど、太陽を抱く月の子役が素晴らしすぎます!!

子役

第4話くらいで、子役たちが大人になるのですが、誰が誰なのかを把握するだけで疲れ、ホントに子役たちにそのまま大人の役をやらせても良かったような気がします。それほど子役が素晴らしく、とは言え、大人たちも負けてはおらず、回を重ねるごとにスンナリと役に溶け込んでおり、もう何度も言いますが、完璧でした!!

私のお気に入りの役は、国巫の神母様。
巫女
物語の鍵を握る人物です。

神母様を演じたチョン・ミソンは、その後に観たドラマの「製パン王キムタック」ではタックの母親を演じており、こちらでも物語の鍵を握る重要な役どころです。韓国の俳優事情は知りませんが、きっと良い女優なんでしょうね。

こいつ

デビ

↑ こいつらが本当に悪くて、ドラマの中とは言え、憎くて仕方がなくなりウィキペディアで調べ上げる始末でした。
↓ こいつも、どうしようもないほど悪い奴だけど、ちょっと可哀想な運命だったから…許す。

悪

韓国ドラマは展開が読めやすく、善と悪がハッキリしています。
王道と言えば王道ですが、それでも目が離せなくなるのは、演技力がしっかりとしているからでしょう。

ちなみに「製パン王キムタック」では、こいつらが悪者です。
ソンモ

イナ

自分で書いておきながら、こうもズラ~ッと悪い奴らの写真が並ぶと、おぞましや!!

それでは最後に、「太陽を抱く月」の簡単なあらすじ紹介を致します。

朝鮮王朝の世子・イ・フォンと世子嬪・ホ・ヨヌは、運命に導かれるように恋に落ちます。しかし、朝廷の権力争いの陰謀によって、婚礼を目前にヨヌが原因不明の病気に掛かり死んでしまい…。

2012年に韓国で、最高視聴率46.1%を記録した李氏朝鮮の架空の時代が舞台となっているドラマ「太陽を抱く月」は、何度観ても心に染みるオススメのドラマです。

ドクター仁

仁というドラマが過去に大ヒットを飛ばしましたよね。
私も釘づけで観ておりました。
ほんっと、面白い!
ただ、原作がどうなっているかは知りません。
ドラマの仁だけ観ていたのですが、でも面白かったですね。

しかし・・・。仁人気は海外まで及び、お馴染み韓国ドラマでも
ドクター仁
という題名で放送が開始されています。

どんな内容なのか詳しく知らないのですが、仁ファンには嬉しいことですね。
でも大分日本の仁とは内容が異なるようで、賛否両論あるようです。
ネットなどでも大分それに言及されているようです。

日本版仁を知らない方のために少し解説を。

現代の医者が、過去にタイムスリップしてしまい、最低限の医療道具しか持たずに、またその時代にあった道具を利用して患者を救っていくお話です。

と書くと、なんだかあんまり・・・な感じがしますね(苦笑)。
江戸時代にスリップするんですが、薬もまだあまりなかった頃のお話です。
アスピリンを作り出したり、ドーナツを作ってみたり・・・。
感染症を防ぐために奔走したり、手術をしてみたり・・・。
もちろん、最新鋭の設備などはありません。
灯りはろうそくだし、メスなども一緒に持ってきた救急セットしかありません。

始めは慣れなかった仁先生も、時代に応じた治療法で患者を救命していく姿がとってもかっこいいのです。

韓国版の仁は一体どんななんでしょうね?
ちょっと気になります。
観ようと思うと勇気も入りますが・・・。なんせ長いことで有名な韓国ドラマ。長編が超・長編になる可能性もありますよね。
しかも1話が凄い長いんですよ!

1時間半くらいあるのが普通の韓国ドラマですから、見るのが疲れてくるということもあります。
それでも見だすと止まらないのが韓国ドラマのいいところ~。
飽きない、続きが気になる、というイイ感じのところで終わってくれちゃうので本当にうまく出来ているなぁ~と感心しますね。

さて、ドクター仁、どうするかな・・・。
見たことのある方はコメント下さい!

韓国ドラマLOVEな義母のこと。

義母が産後のお手伝いに我が家へ来てくれています。泊まりです。
私達が住んでいるのは大阪市、義母は奈良市です。
1ヶ月お休みを銀行に取ってくれたので、1ヶ月は安心して暮らせます。

というわけで今回はそんな義母を紹介したいと思います。

義母はとにかくきさくであっけらかんとしていて、楽観的な人です。
怒ったところを見たこともないし、悲しい姿も見たことがありません。
そして仕事大好き人間で、銀行で嘱託職員をやっています。
銀行に若い頃から勤めてもうずーーーっと勤務しているので、義母ほど物事をよく理解している人員が少なくて銀行も義母を重宝しているようです。

そんな義母ですが、韓国ドラマに大ハマリしているのです。
以前はヨン様命だったのですが(ヨン様のために韓国行ったりしてた)、最近は色々なドラマを見るようになってきて、好みも変わりつつあるようです。
今は誰がお気に入りなのか忘れましたが、まぁ始まりはヨン様ということで。

今、ちょうど私がこのブログを書いている後ろでまさに義母が韓国ドラマを観ています。友達(韓国語教室の)に借りたというドラマらしいのですが、けっこう面白いらしいです。
昨日からずっっっと暇さえあれば観ています(笑)。

うーん・・・飽きないのかなぁと思いつつも飽きないんですよね。
f203d90498e90a8705d7c6d025046dd1

私はこの頃のヨン様が好きでした。太陽しじんき?というドラマに出ていたヨン様です。

私も義母や両親から韓国ドラマを押し付けられ、ハマりかけた一人なのでなんとも言えませんが(笑)。

義母はおっとりした面もあり、仕事人間だったために育児も殆どおばあちゃんにまかせっきりだったようです。
なので、今回お手伝いに来てもらいましたがどこまで手伝ってもらえるか不明・・・。

まぁ、IHも使えるしお米もとげるし、てかそれくらい自分でしますけど、上の子の相手をしてくれるだけでも助かります。
オムツくらいはかえるのマスターしてほしいなぁ~。

義母にはいっつもお世話になっているので、足を向けて寝れません。
そんな義母とは仲良し。つかず離れずの距離でいい嫁姑やっております。

病気に理解があるのが一番嬉しいことですね。

チャングムに涙涙

チャングムという韓国ドラマがあります。
全26話だったと思います。
私が入院から帰宅して、病み上がりの体で何も出来ないとき暇つぶしに観ていたものです。
父のおすすめ、ということでまずチャングムを見たのですが、もうこれが感動が感動を呼ぶ!
という感じで、本当に波が溢れてしまいます。

宮廷に使える給仕さんの役なんですけど、子供時代からしごかれて美味しいご飯を作るために日々努力するという話です。
まとめてみると。

しかしそこには紆余曲折があって、子役時代はいじめられてばかり。
でもその才能は遺憾なく発揮され、周囲の大人をびっくりさせます。

華やかな色とりどりの料理も美味しそうですし、作っているのを見るのも楽しいです。
大きな出刃包丁でとんとんとんとん、よくやるなぁ・・・みたいな感じでしょうか(笑)。
王様の食べる料理を作るので、味付けとかもすっごい敏感になっています。

チャングムは最初は王宮の女性だったのですが、罠にハマってしまって宮廷を追われる生活になります。
その後は医学に目覚め、医学を修得するために「ハリ」を学びます。
でもハリは食事と比べると命を落とす可能性もあるとっても危険な仕事。
簡単に考えていたけれど、師匠を殺すところだったチャングムはしばらくハリを持てませんでした。
それでも頑張ってそれを乗り越えて、ハリを打てるようになるんです。

泣きどころはいっぱいありますよ。

すでにDVDも出て、韓国ドラマの火付け役ともなったドラマです。
しかも子役が凄く可愛いんです!
大人のチャングムももう涙をこらえて観ていたのですが、子役が可愛いし、セリフもうまいし、もう~日本で言う足立由美さん状態です。
あ、でも由美さんよりも幼いです。
なのにあれだけの縁起が出来るなんてビックリ・・・。

今は高校生になって、立派な大人になっていますよ。
いやー、韓国ドラマって長いから火がつくのが遅いんですけど、それでも面白いと感じると早いですね。
今はチュモンが途中です・・・。
この特番期間に見なければっ!