太陽を抱く月

太陽抱く

最高!!
こんなにハマったのは、「星から来たあなた」以来!!
って、「星から来たあなた」を観たのも、つい1ヶ月前(笑)
韓国ドラマなんて…と言いつつも、年に2~3本程度を観ていましたが、ここのところはハイペース。
キム・スギョンのドラマにハズレなし!と言われる所以が分かる気がします。圧倒的なオーラと演技力!!王様の悲哀を目だけで、いや少し動かす頬だけで表現できていると思います。

この1ヶ月は、「星から来たあなた」に始まり「ドリームハイ」「太陽を抱く月」「製パン王キムタック」と、立て続けに4本の韓国ドラマを観ましたが、「太陽を抱く月」があまりに良すぎて、「製パン王キムタック」になかなかハマれずに苦労しました…。
まずね、キムタックの子役も悪くはないけれど、太陽を抱く月の子役が素晴らしすぎます!!

子役

第4話くらいで、子役たちが大人になるのですが、誰が誰なのかを把握するだけで疲れ、ホントに子役たちにそのまま大人の役をやらせても良かったような気がします。それほど子役が素晴らしく、とは言え、大人たちも負けてはおらず、回を重ねるごとにスンナリと役に溶け込んでおり、もう何度も言いますが、完璧でした!!

私のお気に入りの役は、国巫の神母様。
巫女
物語の鍵を握る人物です。

神母様を演じたチョン・ミソンは、その後に観たドラマの「製パン王キムタック」ではタックの母親を演じており、こちらでも物語の鍵を握る重要な役どころです。韓国の俳優事情は知りませんが、きっと良い女優なんでしょうね。

こいつ

デビ

↑ こいつらが本当に悪くて、ドラマの中とは言え、憎くて仕方がなくなりウィキペディアで調べ上げる始末でした。
↓ こいつも、どうしようもないほど悪い奴だけど、ちょっと可哀想な運命だったから…許す。

悪

韓国ドラマは展開が読めやすく、善と悪がハッキリしています。
王道と言えば王道ですが、それでも目が離せなくなるのは、演技力がしっかりとしているからでしょう。

ちなみに「製パン王キムタック」では、こいつらが悪者です。
ソンモ

イナ

自分で書いておきながら、こうもズラ~ッと悪い奴らの写真が並ぶと、おぞましや!!

それでは最後に、「太陽を抱く月」の簡単なあらすじ紹介を致します。

朝鮮王朝の世子・イ・フォンと世子嬪・ホ・ヨヌは、運命に導かれるように恋に落ちます。しかし、朝廷の権力争いの陰謀によって、婚礼を目前にヨヌが原因不明の病気に掛かり死んでしまい…。

2012年に韓国で、最高視聴率46.1%を記録した李氏朝鮮の架空の時代が舞台となっているドラマ「太陽を抱く月」は、何度観ても心に染みるオススメのドラマです。